自習室を利用した経験がある方ならご経験があるかもしれませんが、普段なら気にならない音でも、静かな自習室の店内では気になってしまうことがあります。例えば延々と続く鼻をすする音、筆記音、いびきの音、ペンをカチカチさせる音、ため息や独り言等の迷惑な音を出す人がいては、音が気になってとても勉強に集中することはできません。また勝手にエアコンの温度を変えてしまう人もおられます。

自習室には定期的に新しい利用者が入ってきます。申込みの際にマナーについてはしっかり説明しますが、慣れないうちは悪気なく無意識に音を出してしまっていることがあります。それ自体はどこの自習室にもあることですので、ある意味仕方のないことなのですが、大切なのは、そのような人が現れた場合に自習室の運営サイドがどのような対応を取ってくれるのかという点です。実際のところマナー違反対応は自習室によって大きな差が出てきます。例えば以下のような自習室には注意が必要です。

「当店の利用者は意識が高く、マナーの良い利用者ばかりですので、マナー違反対応は不要です」という類の言葉がスタッフの口から出たら、逆に注意してください。スタッフが室内の状況を正確に把握できていない可能性が非常に高く、またマナー違反に対してあまり積極的に取り組もうとしていない消極的な姿勢の表れと言えます。冒頭に記載したマナー違反はどこの自習室にも起こりうる事なのです。

「当店はスタッフ常駐のため安心です」という言葉も要注意です。常駐と言っても早朝や夜間、土日祝などはスタッフが不在であったり、本店にはスタッフがいるが各店舗内にはスタッフが不在である自習室がほとんどですので、スタッフがいない時間帯のマナー違反は野放し状態となっているというケースも多くみられます。

当店の場合はマナー違反への対処は全て管理責任者が責任をもって対応しております。利用者同士で解決しようとすると、過去の事例を見る限り、注意しても素直に聞き入れてもらえないケースが大半で、場合によってはトラブルになる可能性もあります。

基本的にはマナー違反者としっかり話をすることで、問題を解決することが可能です。多くの場合は本人に悪気はなく、自分の音に気付いていなかっただけで、少し注意すればすぐに態度を改めていただけます。残念ながら何人かに一人は注意されたことにご立腹され、契約を解除されるケースもありますが、当店では全体のマナー維持を優先する方針のもと、マナー違反に対しては厳格に対応するように心がけております。当店では実際に毎年各店舗当たり平均十人のマナー違反者に注意を実施しておりますが、その結果が現在の静かな室内環境の実現に結びついていると考えております。当店のマナー違反対策については見学の際に具体的に詳しくご説明させていただきます。

なお、このように書くと、すごく窮屈な自習室のように感じる方もおられるかもしれませんが、利用されているのは皆さま普通の方ばかりで、常識の範囲内でご利用いただいていれば注意対象になることはございませんのでご安心ください。